『セイバー』青木瞭、8年経過で賢人のファッションセンス向上 “若菜姫”飛鳥凛との赤面撮影秘話も

オリコン

 俳優の内藤秀一郎、山口貴也、青木瞭、女優の川津明日香、飛鳥凛、上堀内佳寿也監督が12日、都内で行われたVシネクスト『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』の完成披露舞台あいさつに参加した。

【動画】『セイバー』キャストがテレビシリーズから8年後の役衣装で登場!

 本作は、テレビシリーズから8年後を描き、レギュラーキャスト陣も装いが変わっている。富加宮賢人/仮面ライダーエスパーダ役の青木は「本編では裏で皆様から『賢人の服、大丈夫?』とか言われていた」とボヤきながらも、8年後の衣装では「より聡明な感じ。翻訳家らしくなった。このメンバーで見ても大人っぽくなったのではないか。(変化のない)倫太郎とは、すごく比べてしまう」と自信を見せながらイジっていた。

 賢人との結婚を控える恋人・立花結菜役には、『仮面ライダーW』で仮面ライダーと敵対する園咲家の次女・若菜姫こと若菜で注目を集めた飛鳥凛が配役されている。青木の印象について、飛鳥は「色が白くて、背が高くて、すらっとした人」と絶賛。青木は「僕はガチガチになりながらやらせてもらった。飛鳥さんは腰が低くて柔らかくて丁寧な方」と振り返る。そして「撮影で爆竹が仕掛けられている時に『これ、この後、音に気をつけた方がいいですよ!』と言っちゃった。そしたら『知ってます』と…。当たり前じゃん、と何を血迷ったのか…」とざんげ。飛鳥は「本当に、ごめんなさい! 『ありがとう』でよかったのに」と照れ笑いを浮かべていた。

 本作は、昨年8月に最終回を迎えた『仮面ライダーセイバー』のテレビシリーズから8年後を描く物語。『セイバー』にとっては初の単一劇場作品となる。28日から映画館で期間限定上映を行い、5月11日にBlu-ray&DVDがリリース。通常版のほか、作中で登場する変身アイテム「DXアラビアーナナイト&月光雷鳴剣黄雷エンブレム」と「アメイジングセイレーンワンダーライドブック」が付属した【DXアラビアーナナイト&アメイジングセイレーンセット付属版】も同時発売となる


関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング