IMPACTors椿泰我、アガサ・クリスティ原作舞台に意気込み「真摯に向き合って…」

オリコン

 ジャニーズJr.の人気グループ・IMPACTorsの椿泰我が12日、東京・六本木の俳優座劇場で行われた舞台『マウストラップ~ねずみとり~』取材会に出席した。

【写真】茶目っ気たっぷりにポーズを取るIMPACTors・椿泰我

 キャスト陣を代表して「めっちゃ緊張しているんですよ」と切り出した椿は「イギリスで、2万2000ステージ行われた作品ということで、僕たちも真摯に向き合って、たくさんけいこをしてきました。みなさんに楽しんでいただけたら」と言葉に力を込めた。

 “ミステリーの女王”と呼ばれ、代表作『オリエント急行の殺人』『そして誰もいなくなった』で知られるイギリス人作家アガサ・クリスティの短編小説を舞台化。演劇の本場ロンドン・ウエストエンドでは1952年に初演された今作は、半世紀以上も上演を続け、世界演劇史上最長のロングラン作品になっている。

 作品の舞台は雪深い山荘で、1年前に結婚したばかりのジャイルズとモリーの若夫婦がゲストハウスを開く。オープンしたての大雪の日、5人のゲスト、ロンドンでの殺人事件を捜査中のトロッター刑事が宿泊するなか、突然真っ暗になり、灯りがつくとなんとゲストの1人が殺されていた。アガサお得意の密室殺人劇で、登場人物は誰もが訳ありで個性的。犯人は一体誰なのか。偶然居合せ、取り残された赤の他人同士である人々は、互いに疑心暗鬼になっていく。

 取材会にはそのほか、富田麻帆、鷲尾修斗、反橋宗一郎、伽代子、松田将希、河相我聞、釈由美子も出席。同作は、12日から23日まで上演される。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング