山田孝之、20代の“無愛想時代”イジられ照れ 疑惑否定も「ここで俺は何をやっているんだろう」

オリコン

 俳優の山田孝之、松本まりかが12日、都内で行われた映画『MIRRORLIAR FILMS Season2』完成披露試写会舞台あいさつに登場。ドラマ『六番目の小夜子』以来、21年ぶりの共演で、これまでのお互いの印象を語った。

【動画】仲良しトークをする山田孝之&松本まりか

 この20年間、映画やドラマなどで活躍し続けてきた2人。共演は少ないながらも、プライベートでもメールやLINEで交流は続いていたそうで、今回の共演に松本は「うれしかったですけど、怖かったかな。(自分の)芝居を見られるじゃないですか。『(松本の芝居は)どんなもんじゃない!』っと…」と打ち明けると、山田は「思わないよ!」とツッコミを入れて笑いを誘った。

 これまでの20年を振り返り、松本は「孝之のことは20年間、一人の視聴者として見てきましたけど、いろんな孝之の時代があるじゃないですか。こういうイベントでまったく喋らないとかね」とイジると、山田も「20代前半とかね」と苦笑い。

 続けて松本は「番宣番組でとても無愛想だったり」と追及すると、山田は「無愛想ではない! そういうテンション、顔になっていただけで、無愛想にしたいと思っていない。『ここで俺は何をやっているんだろう』『何を求めているんだ、この人たちは』『なんで俺は、そんなことをしなくてはいけないんだ』みたいに思っていた気がする」と照れながら否定した。

 そんな時代を経て今の山田の姿を見て松本は「そこから(そんな時代から)孝之が、パッ!と抜けた瞬間があったんですよね。コミュニケーションを人としていこう! そこから、孝之が変わり始めて、今や俳優の枠を飛び出して、いろんなことをしている」と、その変化に驚いていた。

 同作は、山田らが「だれでも映画を撮れる時代」にと、自由で新しい映画製作の実現を目指して、年齢や性別、職業、若手とベテラン、メジャーとインディーズの垣根を越え、切磋琢磨しながら映画を作り上げる短編映画制作プロジェクト『MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)』の第2弾。“変化”をテーマに、俳優、映画監督、漫画家、ミュージシャンなど総勢36人が監督した短編映画をオムニバス形式で4シーズンにわけて公開される。2人は、紀里谷監督作『The Little Star』に夫婦役で出演している。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング