今田美桜、様々な衣装で歌うレアな歌唱シーンに「ちょっぴり下手なところも愛くるしい」

オリコン

 昨年、『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)をはじめ、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK総合)などに出演し、女優としての活躍を印象付けた今田美桜。『2021タレントCM起用社数ランキング』(ニホンモニター)でも、10社で見事ランクインしたが、今年に入ってからも複数のCMに出演しており、その人気は途絶えないようだ。貴重な歌唱シーンにも挑戦している新作2本を紹介する。

【動画】「歌が苦手な感じと可愛さがマッチして最高」今田美桜のレア歌唱&ダンスシーン

■おなじみのセリフも可愛らしくアレンジ「“リックルートォ”が可愛すぎた」

 12日から放送が開始された最新CMは、今回が初登場となる『SUUMO』。おなじみのキャラクター“スーモ”と共に理想の物件を探すストーリーだ。今田が「初めて会えて本当にうれしかった!」と明かしたスーモとの撮影も、最初から息ぴったりに撮影が進んだ。

 撮影後のインタビューでは、至福の時間を聞かれ「ソファーでゴロゴロしているとき」と笑顔。「すごく家が好きなので、家の中を快適にしたいと思いますし、おうち時間も多かったので、どんどんおうちが快適な空間になっています。その中でもソファーで過ごしている時間が一番多いかもしれないですね」と明かした。

 2022年の抱負を漢字一字で表すと「巡」と回答。「コロナウイルスが落ち着いていたら、まだ知らない場所をたくさん巡りたいですね。あとはたくさんの人やものと巡り会えたらいいなと思っています」と期待を膨らませる。

 最後の「リクルート」と言うセリフでは、今田が「リックルートォ」とアレンジ。「最後の“リックルートォ”が可愛すぎた」との声のほか、「ベンチにちょこんと座るのかわいい」など、CM内で見せる可愛らしい言動に注目が集まった。

■三浦春馬さんも出演したおなじみのCMソングに挑戦「美桜ちゃんの歌最高」

 昨年12月に公開され、現在約50万回も再生されているのは『グロップ』の新CM。これまで三浦春馬さんや桜井日奈子、三浦翔平などが出演し、テーマソングを歌って踊る演出が話題となっていた本シリーズに今田が出演。

 フレンチでほんのりクラシックな石畳の街並みを舞台に、ミュージカル風の世界観。歌唱のほか、ダンスにも挑戦した。途中でロック調の衣装やスーツ、サッカーユニフォーム、つなぎ、保育士と、様々な職業の服装に次々と変化する姿にも注目だ。

 SNSでは、「歌声こんな聞けるのこのCMだけじゃない?レアすぎ!」「美桜ちゃんの歌最高」「歌がちょっぴり下手なところも愛くるしい」など、歌に関するコメントのほか、「ユニフォーム×ポニーテールの美桜ちゃん特に好き」「1日1回見に来てしまう」との反響も寄せられていた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング