サリンジャーの担当エージェントと新人アシスタントの実話を映画化 

オリコン

 ハリウッドの新星マーガレット・クアリーと名優シガーニー・ウィーヴァーがタッグを組んだ映画『My Salinger Year(原題)』が、『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』の邦題で、5月6日より、新宿ピカデリー、Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開される。

【画像】シガニー・ウィーバーも出演

 原作は、本が生まれる現場での日々を印象的に綴ったジョアンナ・ラコフの自叙伝「サリンジャーと過ごした日々」(柏書房)。『ライ麦畑でつかまえて』などで知られるサリンジャー担当の女性エージェントと新人アシスタントの実話を描く。

 90年代のニューヨークが舞台。作家を夢見るジョアンナ(マーガレット・クアリー)は、老舗出版エージェンシーでJ.D.サリンジャー担当の上司マーガレット(シガニー・ウィーバー)の編集アシスタントとして働き始める。日々の仕事は、世界中から毎日大量に届くサリンジャーへの熱烈なファンレターを処理すること。小説の主人公に自分を重ねる10 代の若者、戦争体験をサリンジャーに打ち明ける退役軍人、作家志望の娘を亡くした母親――心揺さぶられる手紙を読むにつれ、飾り気のない定型文を送り返すことに気が進まなくなり、ふとした思いつきで個人的に手紙を返し始めるが…。

 ジョアンナは偉大な作家の声を借りていくうちに、自分自身を見つめ直すことになる。友人や恋人との関係について、夢にかける情熱について、そして自分の将来について――。「特別」になりたいと願うジョアンナが、自分のストーリーを生きるために、ニューヨークで開く人生の1ページ。都会の片隅で理想と現実の間で揺れ動く女性の姿を、瑞々しくユーモアたっぷりに描く、『レディ・バード』『フランシス・ハ』に続く、“大人の”自分探しムービーだ。

 主人公ジョアンナを演じるマーガレット・クアリーは、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のプッシーキャット役で一躍ハリウッドで注目を集める存在となった。本作でも瑞々しい演技で新人アシスタントを熱演。

 マーガレット役は名優シガーニー・ウィーヴァー。『アバター』『エイリアン』など数多くの大ヒット作で活躍する一方で、スタンフォード大学&イェール大学を卒業した才女の顔も併せ持ち、知的でクールなイメージそのままに上司を演じている。

 メガホンを取ったのは、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた『ぼくたちのムッシュ・ラザール』や『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』を手がける人間ドラマの名手フィリップ・ファラルドー。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング