芦田愛菜、最もジュエリー似合う10代に「私にとっては大人の象徴」

オリコン

 女優の芦田愛菜(17)が、最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『第33回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の10代部門に選出され、13日、都内で行われた表彰式に出席した。子役時代から活躍してきた芦田が、ジュエリーが似合う著名人の仲間入りを果たした。

【動画】「身が引き締まります」大人顔負けの立派な受賞コメントをした芦田愛菜

 受賞のスピーチで、芦田は「このようなすてきな賞をいただくことができて本当に光栄。ありがとうございます!」と満面の笑み。「今回、ジュエリーというものを初めて身につけさせていただいたのですが、私にとっては大人の象徴のように感じていたものなので、とても身が引き締まります」と喜びをかみしめた。

 続けて「このようなジュエリーが私にふさわしいのかなとソワソワする気持ちもあるのですが、宝石のように内側から輝けるような女性になっていけたらいいなと思っております」と言葉に力を込めていた。

 そのほか、20代部門に女優の広瀬アリス(27)、30代部門に女優の佐々木希(33)、40代部門にモデル・タレントのアンミカ(49)、50代部門に女優の真矢ミキ(57)、60代以上部門に女優の宮崎美子(63)、男性部門に俳優の北村匠海(24)、特別賞に元プロ卓球選手の水谷隼(32)が輝いた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング