高2の芦田愛菜、大人への仲間入り「まだまだ」 ジュエリー賞に喜びと決意

オリコン

 女優の芦田愛菜(17)が、最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『第33回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の10代部門に選出され、13日、都内で行われた表彰式に出席した。

【動画】芦田愛菜、報道陣からの恋愛質問にタジタジ 意中の相手を聞かれ照れ笑い

 ジュエリーを身に着け「その人の良さを引き出してくれるような、大人の女性に近づけるような気がしますね」と満面の笑み。「鏡に映る自分とネックレスを見て、いただいたジュエリーが似合うような、ステキな大人の女性になれるよう…」と声を弾ませた。

 現在、高校2年生の芦田だが、報道陣から「お付き合いなどは?」と向けられると「そうですね…いつかはそんな機会があったらいいなと。すてきな方がいたらいいなと」と照れ笑い。目前に迫った、バレンタインデーについて「そうですね。異性じゃなくて、友達と友チョコとか。毎年そんな感じなのですが…なくてすみません」と恐縮していた。

 「大人になったと思う瞬間は?」との質問には「もっと小さい頃って、高校生がすごく大人の存在だなと思っていた。実際に自分がなると、まだまだだなと思うことがたくさんあるので。大人だなと思えた瞬間があんまりないかもしれないので、頑張っていきたい」と意気込み。「朝なかなか起きられなくて、母に叩き起こされる日もあったりするので、そういう時はまだまだ子どもだなと感じますね」と笑わせていた。

 そのほか、20代部門に女優の広瀬アリス(27)、30代部門に女優の佐々木希(33)、40代部門にモデル・タレントのアンミカ(49)、50代部門に女優の真矢ミキ(57)、60代以上部門に女優の宮崎美子(63)、男性部門に俳優の北村匠海(24)、特別賞に元プロ卓球選手の水谷隼(32)が輝いた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング