爆笑問題・太田光“裏口入学裁判”勝訴確定「これでノーサイド。裏口ネタは続けます」

オリコン

 お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、大学に“裏口入学”したという雑誌『週刊新潮』の記事で名誉を毀損されたとして、発行元の新潮社を訴えていた裁判で、同社に440万円の支払いを命じた一審の判決が確定した。これで勝訴となった太田は13日、所属事務所タイタンを通じて「ホッとしています」とコメントを発表した。

【昨年の記者会見】太田光のボケにうなだれる弁護士

 同誌は2018年8月に、太田が日本大学芸術学部に裏口入学したと報じる記事を掲載。太田の大学合格への対価として、父親が800万円を支払ったなどと報じた。

 太田は新潮社に対し約3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて提訴。東京地裁は2020年12月21日、名誉毀損を認め、同社に440万円の支払い、インターネット上の記事削除を命じる判決を言い渡した。先月24日の控訴審の判決では、一審を支持し双方の控訴を棄却した。

 直後に新潮社が「上告する」と表明したが、上告しないまま上訴期限を経過したため、太田の勝訴が確定。太田は「第二審の判決通り納得してもらえたということで、ホッとしています。私としてはこれで、ノーサイドと受け止めます」と心境を明かしながら、「裏口ネタは今後も続けさせていただきます」と自身の笑いのネタにすることも付け加えた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング