SixTONES“常連”ジェシー&“初コント”高地優吾が兄弟役 サンドウィッチマンも驚き「アドリブ力がすごい」

オリコン

 人気グループ・SixTONESのジェシーと高地優吾(※高ははしごだか)が、22日放送のフジテレビ系土曜プレミアム『ただ今、コント中。』(後9:00)に出演する。サンドウィッチマンを中心に、彼らが信頼するベテランから若手の芸人たちが全力コントに挑む大型特番第4弾。第2弾より参加し今回で3回目の出演となり“ほぼ常連”のゲスト・ジェシーが、番組初参加かつコントに初挑戦となる高地とともに登場。2人は、かっこいいアイドルの枠をはるかに超えたキレッキレのアドリブをさく裂させ、サンドウィッチマンらを驚かせた。

【画像】SixTONESも!歴代パーソナリティが集結したスタンプが登場

 まずふたりが参加したのは、おなじみの人気コント『革ジャン兄弟』。革ジャンを愛する兄・小峠英二バイきんぐ)と弟・富澤たけし(サンドウィッチマン)が、革ジャンパワーと共に、悪者をやっつけ弱きを救うヒーローものコント。今回、ジェシーと高地は、革ジャン兄弟の宿敵の兄弟、ダウンジャケットをまとったその名も『ダウンブラザーズ』として登場する。

 ジェシーが兄、高地が弟を演じ、なんとも悪そうな表情で、かよわい女性をだまし法外な値段でダウンジャケットを売りつけていた。そんなダウンブラザーズの悪事を聞きつけた革ジャン兄弟は、ふたりの前に現れ、いざやっつけようと思いきや…なぜか足が震えてしまい――。

 そして2人は、コント『就職面接』にも出演する。面接官にふんする、伊達みきお(サンドウィッチマン)、小峠、口笛なるお(わらふぢなるお)の3人の前に現れる就活生を演じるのだが、このコントは、ほぼアドリブで展開するというなかなかハードなもの。しかし、伊達らが投げかける質問にふたりがテンポよくかつ面白く答え、みんなを驚かせる事態に。

 さらにジェシーは、レギュラーメンバーと和気あいあいとした雰囲気のなか、コント『命より大事』にも参加。山内健司(かまいたち)が演じるスニーカーマニアが、世界がゾンビに征服されそうになるその瞬間も、スニーカーを持って逃げようとしている。レスキュー隊役の伊達と小峠が、山内を説得し逃げようとするが、なかなかうまくいかない。そこで登場したジェシーふんする若手隊員が、その状況を打破するために動こうとするのだが、さらに状況を悪化させてしまう。伊達が「ふたりの力量が、そしてアドリブ力がすごい」とうなったほどの、アイドルらしからぬ(!?)全力コントに注目だ。

■インタビューコメント

――収録の感想は

ジェシー「出演させていただくのは3回目です。楽しかったですね!レギュラーを狙っているかって?狙っていますよ(笑)」
高地「楽しかったです! 台本をいただいたときは、ドラマの時みたいに読み込んでしまって。でも現場に入ると、皆さんは意外とふらっとやっているなー、と(笑)」

――高地さんはコント初挑戦でしたがいかがでしたか?

高地「カットで割らずに一気に撮影するところなど、とても勉強になりました!憧れの革ジャン兄弟を目の前で見て、テレビの中の人だーって! サンドウィッチマンさんと共演すると、芸能界に興味のない俺のおやじがめちゃくちゃ喜ぶんですよ、『すごいことだぞ』って。まだ夢の国に来ていて、ふわふわしている感じです!」

――ジェシーさんはもう慣れている感じで、伊達さんから「芸人枠」とも言われていましたが?

ジェシー「はい、一発芸をやってと言われたらすぐにやりますよ(笑)。最初に『ただ今、コント中。』に出演させていただいた時の動物園の中にいる生き物コントは、即興で対応するもので、ああいうコントがふたりとも好きですね!本当に毎回楽しくて、また出たいです!」

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング