だいたひかる、第1子男児出産 夫・小泉貴之氏が報告「命をかけて挑んでくれた妻には本当に感謝しかありません」

オリコン

 お笑いタレントのだいたひかる(46)が14日、第1子となる男児を出産した。同日、夫でフリーのアートディレクター・小泉貴之氏が自身のブログで報告した。

【写真】夫が報告!だいたひかる“産まれたばかり”第1子との2ショット

 小泉氏は「皆さま、やりました~(祝)本日、1月14日この晴天の下、元気な男の子を授かることが出来ました。妻と赤ちゃんがやってくれました。母子ともに元気です」と報告し「細く長く険しい道のりを乗り越えて…愛情たっぷりの妻とド根性の息子が父にさせてくれました」と喜びをつづった。

 「体をはって、命をかけて挑んでくれた妻には本当に感謝しかありません。心から誇りに思います」と伝えた小泉氏。「皆さまからいただいた、たくさんのたくさんのご声援、届いてくれました本当にありがとうございます」と記し、だいたと愛息子の写真で結んだ。

 だいたは、2013年5月に小泉氏と再婚。16年1月に乳がんと診断され、右胸を摘出。19年3月には腫瘍摘出手術を受け、定期的に放射線治療を受けていたが、20年10月治療を止め、21年5月に40歳の時に凍結した受精卵を移植。その後、妊娠を報告し、日々、ブログを通じて妊婦生活をつづっていた。

 また、昨年12月には自身の著書発売記念オンライン会見を行い、受精卵を移植する決意をした理由や受精卵が着床した直後の心境を語ったほか、9ヶ月を迎え「ここまでこられたんだと。胎動も激しくて、思い切り蹴ったりとか、柔道場みたいな感じなんですよ。生きているんだっていう。本当に生命があるんだ」「いかめしみたいな感じになっています(笑)。パンパンです」と笑顔で明かしていた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング