『カレン食堂』“料理人”滝沢カレン誕生秘話、きっかけは「必要に迫られて」

オリコン

 独特な表現でつづられたレシピ本が大ヒットし、見事な料理の腕前を持つ滝沢カレンが、お客様に料理を振る舞う『カレン食堂』が、テレビ朝日系で15日(後6:56〜8:54)に放送される。2020年1月1日に初めてオープンしてから今回で5回目。驚きのアイデアが詰まった絶品料理と笑撃カレン語録でもてなしを受けると、一度来店(視聴)すれば虜(とりこ)になってしまう『カレン食堂』。そもそも料理をはじめるきっかけは? 収録直後の滝沢カレンに聞いた。

【写真】今回、登場いただく食材たちと滝沢カレン

――『カレン食堂』をはじめるきっかけは?

【滝沢】料理番組をやりたい、と言ってたわけでもなく、突如、訪れたお話だったんです。私にとってはずっと頭の片隅で願っていたことなので、マネージャーさんからこの番組のことを聞いた時はめちゃくちゃうれしくて、「やります」と即答したことを覚えています。

――滝沢さんがインスタに投稿された料理レシピ解説がとても面白いと話題になっていたからかもしれないですね。

【滝沢】最初は素敵なお皿を買ったので、それをインスタにどうしても載せたいと思った日があったんですね。でもお皿だけ載せたくない、じゃあ料理を作るか、みたいな感じで。料理よりお皿を見せたくてインスタにアップしたんですけど、お皿じゃなくて、料理を作ったことに関して、たくさんの方がコメントしてくださったんです。それでなんかうれしくなってしまって(笑)。一つうれしい体験をすると、またやりたくなっちゃうじゃないですか、人間って。なのでそれから食材と向き合おうと思う気持ちがどんどん湧いて出てきた感じです。

――子どもの頃から料理のお手伝いをよくしていたとか?

【滝沢】それは一切なかったです。子どもの私は学校へ行って学んだり、外で友達と遊んだりするのが仕事って感じで、家事を手伝うってことをほとんどしなかったんです。なので、包丁の持ち方も知らずに大きくなってしまった。17歳の時にそれまでご飯を作ってくれていた祖母と離れて暮らすことになってから、自分で作るようになったんです。お母さんは仕事に行っているし、おばあちゃんもいない、つまり食べるものがない。でもお腹はすいている。もう自分で作るしかない、というところまできちゃって。そこから料理人の人生が始まりました(笑)。

――最初は必要に迫られて始めたことだったんですね。

【滝沢】料理を作るのが楽しい、って思えるようになるまで、けっこう時間がかかりました、二十歳を過ぎて5、6年経った頃かな(笑)。唐揚げが食べたいと思っても、揚げ方がわからなくて。バターを1箱分まるごと鍋に入れて、溶けるのを待って、揚げたこともありました。鶏肉に小麦粉だけまぶして、油の中に入れて、表面の色が変わったので出来上がりかな、と思って食べたら中は冷たい生のままだった、といった失敗を繰り返してました。料理なんて私には向いていないし、作っていてもつまらないけど、外食ばかりしていたらお洋服が買えなくなってしまうから、仕方なく作っていました。

 ある日、なんで料理に負けなきゃいけないんだ、なんでみんなやってることが自分にはできないんだ、とすごく悔しいと思った日があったんですね、その日から毎日、唐揚げを作ったんですよ。それが何週間も、何週間も続いて、そうしたらめちゃくちゃおいしい唐揚げができたんです。それから徐々に楽しくなっていきました。

――レシピ本にも唐揚げ載ってましたね。

【滝沢】私のレシピは、その日その日で変わるので、二度と同じものは作れないんですけどね。いまでは、調味料のスタメン、醤油、みりん、酒、砂糖の4つを超信頼して、いろんな料理を作るのが楽しいです。

――15日放送の『カレン食堂』第5弾の見どころは?

【滝沢】お客様が見ている前だからできることと、見られていると緊張しちゃってできないことがあるんですが、今回のお客様も皆さんすごく温かい目で見守ってくださる方たちばかりで、料理を作っていてすごく楽しかったです。今回、市場へ行って旬の食材に会ってきたんですけど、めちゃくちゃうれしそうに見えたんですね。料理を作っている時も、食材たちがおいしい料理に変わるのがうれしいって、笑っているように思えたので、食材たちをしっかり見てもらいたいな、と思います。ちょっとでも台所と向き合うのが楽しくなるきっかけになったらうれしいですけど、何も背負わずにただただ気楽に見てほしいというのが一番の思いです。

――2022年にやりたいことは?

【滝沢】新しい年になったから新しい夢を考えるということはしていなくて、去年やりたいな、と思っていたけど実現しなかった夢、例えばお散歩・旅系番組をやりたいといった夢は今年も引き続き持って行きますし、『カレン食堂』でもいろいろなお客様をおもてなししたいです。それ以上に皆さんがくださるサプライズが楽しみ。『カレン食堂』もそうでしたけど、「こういうのやってみませんか?」といろいろサプライズをくれるので、人からいただいた夢を叶えることを楽しみたいです。

###
 15日放送の『カレン食堂』には、ジャニーズWESTの重岡大毅&小瀧望、白石麻衣、昨年末のM-1グランプリ2021で王者に輝いた錦鯉が初来店、さらに、SixTONES高地優吾&田中樹が再来店するほか、市川猿之助、梅澤富美男、長嶋一茂、ホラン千秋、見取り図、森泉も滝沢の絶品料理に舌鼓を打つ。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング