キャンプで濃厚疑い、隔離は6日

共同通信

 日本野球機構(NPB)と12球団は24日、臨時の代表者会議をオンラインで開き、2月1日から始まるキャンプ中、新型コロナウイルス感染者との濃厚接触が疑われる選手、関係者の隔離期間を6日にすることを決めた。また、週に2度以上検査を実施し、観客とチームの動線を明確に分けることも新たに感染防止ガイドラインに加えた。

 代表者会議に先立って行われたサッカーのJリーグと合同の「新型コロナウイルス対策連絡会議」で感染症の専門家から提言を受けた。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング