元豪栄道が断髪式、引退から2年

共同通信

 2020年の大相撲初場所限りで現役を引退した元大関豪栄道の武隈親方(35)=本名沢井豪太郎、大阪府出身、境川部屋=の引退相撲が29日、東京・両国国技館で開かれ、断髪式では間垣親方(元横綱白鵬)や横綱照ノ富士、新大関御嶽海ら約380人がはさみを入れた。

 新型コロナウイルス禍で現役を辞めた親方衆の引退相撲が開催できない状況が続き、自身も2度の延期を余儀なくされた。師匠の境川親方(元小結両国)から大銀杏に最後のはさみを入れられ、整髪後はオールバックの髪形になった。「すっきりした。心の底から安心している」と胸をなで下ろした。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング