復帰の大迫傑、28年五輪視野

共同通信

 陸上男子マラソンの前日本記録保持者で、7日に現役復帰を表明した大迫傑(30)が8日、自身のユーチューブチャンネルで、2028年ロサンゼルス五輪を見据えて再挑戦する考えを示した。

 「復帰への想い」と題した約3分半の動画に出演。「(24年の)パリというのは、ちょっと期間が短いと思うが、その後のロスも狙えるような準備をしていければ」と今後のビジョンを描いた。

 長野・佐久長聖高、早大を経て、米国を拠点に「プロ」として活動。マラソン転向後は18年のシカゴ、20年の東京で日本記録を2度更新した。東京五輪を現役最後の大会にすると表明し、21年8月の本番に臨んでいた。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング