張本智と早田がV、アジア大会へ

共同通信

 卓球の2024年パリ五輪シングルス代表を選考する初の対象大会「ライオンカップ・トップ32」最終日は6日、東京都のアリーナ立川立飛で行われ、男子で東京五輪代表の張本智和、女子で早田ひなが優勝した。2人は9月の杭州アジア大会(中国)代表に決まった。

 決勝で張本は及川瑞基を4―2で下し、早田は長崎美柚に4―3で逆転勝ち。パリ五輪代表の選考期間は24年の全日本選手権までで国内外の大会成績に応じて設定したポイントの合計で争われ、張本智と早田は50ポイントを獲得した。

 女子で東京五輪代表勢は伊藤美誠が5位、5位決定戦を棄権した石川佳純が6位、平野美宇が8位だった。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング