フィギュア宮原知子が現役引退

共同通信

 フィギュアスケート女子で2018年平昌冬季五輪4位の宮原知子(24)=木下グループ=が26日、今季限りで現役引退することを表明した。自身のブログとインスタグラムで「今シーズン、スケート人生で一番、自分と向き合い、毎日を大切に過ごしてきた。私の中で悔いはなく、やりきったという気持ちでいっぱいです」とつづった。4月1日に記者会見する。

 米国で4歳からスケートを始めた宮原は14歳で出た12年の全日本選手権で3位に入り、15年の世界選手権、15、16年のグランプリ・ファイナルで銀メダルを獲得した。17年12月の全日本選手権で4連覇を果たし、平昌五輪に初出場した。

PR

フィギュアスケート アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング