林兄弟ら34人が体格基準パス

共同通信

 新型コロナウイルスの感染対策で延期されていた大相撲春場所の新弟子検査が4日、東京・両国国技館で行われ、昨年の全国中学校体育大会で団体準優勝した15歳の林琉、林玲=ともに長野県出身、二所ノ関部屋=の双子の兄弟ら受検した34人全員が身長167センチ、体重67キロ以上(中学卒業見込み者は165センチ、65キロ以上)の体格基準を満たした。内臓検査の結果を待ち、近く合格者が発表される。

 林琉は171センチ、129キロ。林玲は172センチ、118キロ。部屋別では元横綱稀勢の里が師匠を務める二所ノ関部屋の4人が最多だった。35人が申し込んで1人が検査を受けなかった。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング