柔道の朝比奈、王座奪還に意欲

共同通信

 体重無差別で争われ、柔道の世界選手権(10月・タシケント)女子78キロ超級代表最終選考会を兼ねる全日本女子選手権(17日・横浜武道館)の有力選手が16日、オンラインでの記者会見に臨み、2017年以来2度目の優勝を目指す朝比奈沙羅(ビッグツリー)は「王座奪還し、代表にして間違いないと思ってもらえるよう全力を尽くす」と意気込みを語った。

 昨年世界選手権女子78キロ超級優勝で25歳の朝比奈は新型コロナウイルスの陽性判定を受け、2日の全日本選抜体重別選手権を欠場。8日まで入院していたという。「ぶっつけ本番の感は強いが、できることはやった」と自らを奮い立たせた。

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング