卓球、倉嶋氏「身に余る光栄」

共同通信

 選手の強化や育成などに貢献した指導者をたたえる2021年度のミズノスポーツメントール賞の表彰式が20日、東京都内で行われ、最優秀に当たるゴールドを受賞した卓球男子の前日本代表監督、倉嶋洋介氏が「身に余る光栄。学ぶことを忘れず、日本の卓球界、スポーツ界に貢献できるように努力を続けたい」と話した。

 木下グループの卓球部総監督を務める倉嶋氏はリオデジャネイロ、東京両五輪での男子団体のメダル獲得などに貢献した。シルバーには東京五輪体操男子の個人総合と種目別鉄棒で金メダルの橋本大輝(順大)を指導する順大の原田睦巳監督らが選ばれた。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング