HKT48 このまま突っ走れ 6・7 AKB48 37thシングル選抜総選挙あと10日

AKB48総選挙へむけ意気込みを語ったHKT48の(左から)穴井千尋、兒玉遥、山本茉央=23日午後3時26分(撮影・古川泰裕) 拡大

AKB48総選挙へむけ意気込みを語ったHKT48の(左から)穴井千尋、兒玉遥、山本茉央=23日午後3時26分(撮影・古川泰裕)

 ●速報15人ランクイン
 
 今年も熱い6月がやってくる。「AKB48選抜総選挙」の開票イベントが、6月7日に東京・味の素スタジアムで開かれる。九州から全国へ活動の幅を広げつつあるHKT48にとっては、3度目の挑戦。グループ単独での九州7県コンサートツアーや、全国アリーナツアーを経験してさらなる成長を遂げた今年は、21日発表の速報で、昨年の最終結果「6議席」を大幅に上回る15人が80位以内にランクインした。ツアーの勢いもそのままに、スタートダッシュに成功したHKT48。“決戦の日”へ向けて、速報10位の兒玉遥(17)、同28位の穴井千尋(18)、初参加となる山本茉央(17)が意気込みを語ってくれた。さあ、存在感を存分に発揮してラストスパートだ!! (古川泰裕)

 ●びっくり大躍進

 -兒玉さんが速報で10位。「まさか」と言っては失礼になりますが…

 兒玉「いや、『まさか』ですよ。びっくりしました、自分でも。みんなの名前が呼ばれるにつれて、どんどん自信がなくなってきちゃって。私、入ってないのかなって。ここまできて呼ばれなかったら、泣くに泣けないって思って。(森保)まどかの次に呼ばれて、すごくほっとしました。(速報でも)選抜の16人に入るのはすごく難しいことだと思ってたから、びっくりしましたね。さっしー(指原莉乃)が1位だったときも、HKTみんなでほっとしました」

 -名前が呼ばれるのを待つ間、前向きな気持ちと苦しい気持ち、どっちが強かった?

 兒玉「ファンの方が『Google+』(インターネットの交流サイト)とかで『応援してるよ』って言ってくださるのを思い出して、みなさんのことを信じるしかないって、最後は思いましたね」

 -目標は選抜入り。ここまでは予定通り?

 兒玉「いやいや、予定通りじゃないです全然(笑)。速報でいただいた順位を無駄にせずにいきたいですね。HKTといえばさっしーのイメージが強いですけど、私も選抜に入って、HKT48を知ってもらえるような存在になれるように頑張りたい。さっしーに連覇してもらって、HKTからも一人でも多くのメンバーがランクインして、HKTの勢いが感じられるような総選挙になったらいいなと思います」

 -穴井さんは速報28位

 穴井「去年まで圏外で速報にも入ったことがなかったから、3回目で『やっと…』って。速報で、みんながどんどん名前呼ばれて…(自分はなかなか呼ばれず)『あぁ、終わった』って(体の)震えとかもすごかったんですけど、28位でよかったです。でも、速報って変わるじゃないですか。だから怖いです。いろいろ考えちゃうから…本番早く来てほしいです。HKTからは15人も入って、勢いとしてはよかったと思います」

 -九州ツアー、アリーナツアーが、いい「選挙運動」になってるような

 穴井「なってますね。個人的には、『Google+』でもコメントが増加したりして、自分に興味を持ってくれている人が増えてるなっていうのは実感できているので、地道なことから頑張ってきてよかったなって思いますね」

 -山本さんは初めての総選挙

 山本「初めてだから…まずファンの人たちに自分が成長していくのを見てもらいたくて、立候補しました」

 -速報発表での先輩たちはどうだった?

 山本「震えてました。『どうしよう』って固まってました」

 兒玉「自分を見失って、取り乱してました(笑)」

 -本番も相当緊迫した雰囲気になる

 山本「先輩たちが呼ばれるのを、ちゃんと見たいなって思います。速報で呼ばれてない先輩も呼ばれてほしいです」

 -穴井さんの目標は

 穴井「ネクストガールズ(33~48位)です。今まで圏外だったから、アップカミングガールズ(65~80位)っていうのもあったんですけど、それもそれで自分が許せないというか…。もっと自信を持って上を目指していいのかなって」

 -本番では順位が大きく変動する

 兒玉「何が起こるか分からないけど、どんな結果でもそれを糧に一年頑張ろうって思えるのが総選挙だから、感謝の気持ちを忘れずに、ね」

 -どんな気持ちで本番に臨む?

 穴井「明るく、笑顔で臨みたいですね。自信を持って。ファンの人も頑張ってくれているので、それに応えられるように頑張りたいです」

 -正直、本番のことを考えたくない気持ちもある?

 穴井「あり…ますね(笑)。サッと発表してサッと終わりたい(笑)」

 兒玉「去年『(先輩方を)つぶすくらいの気持ちで』ってスピーチをして、反響が大きかったんです。せっかく皆さんがくださるチャンスなので、今年もスピーチを大切にして、うれし涙を流したいなって思います」

 山本「先輩方の緊張している姿を見たいなって思います(笑)」

 兒玉「茉央ちゃん!!(笑)」

 -HKTも議席を大きく増やす好機

 穴井「メンバーがたくさんランクインしたほうがHKTの名前を知ってもらえると思うし、速報に入っていないメンバーでも劇場公演とかで頑張ってるメンバーもたくさんいるので、そこも見てほしいなって思います」

 -総選挙が入り口になるといい

 穴井「はい。公演に来てもらって、こんな魅力的なメンバーがいたんだって知ってもらって、その次につながるようになればいいなと思います」


 ◆AKB48総選挙 AKB48の37枚目シングル曲を歌うメンバー16人を、ファン投票によって選抜するイベント。昨年に引き続き立候補制を採用、国内の姉妹グループを含め296人が立候補した。HKT48は47人全員が立候補している。投票の受け付けは21日~6月6日。開票結果は東京の味の素スタジアムで発表。1~80位までのメンバーが名前を呼ばれる。1~16位の選抜メンバーは37thシングルの表題曲を歌唱。17~32位のアンダーガールズ、33~48位のネクストガールズ、49~64位のフューチャーガールズ、65~80位までのアップカミングガールズは、カップリング曲に参加する。21日発表の速報では昨年の覇者・指原莉乃が2位に大きく差をつけて1位。兒玉遥が選抜圏内の10位につけ、森保まどかも11位と続いた。昨年26位の宮脇咲良も速報20位という好位置につけた。そのほか、朝長美桜が22位、27位に駒田京伽(ひろか)、28位に穴井千尋、35位に坂口理子、38位に本村碧唯、46位に田島芽瑠、49位に岡本尚子、多田愛佳が50位、57位に松岡菜摘、62位にSKE48兼任の木本花音、76位に植木南央が入っている。

=2014/05/28付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ