宇野昌磨、来季SPを初披露

共同通信

 フィギュアスケート男子で3月の世界選手権を初制覇した宇野昌磨が29日、横浜市のコーセー新横浜スケートセンターで行われたアイスショーに出演して来季のショートプログラム(SP)を初披露し「次の1年間をここから始められたら」と決意を新たにした。

 新演目「Gravity」はコーチのステファン・ランビエル氏が振り付けた。エレキギターが印象的な落ち着いた楽曲に乗せ、4回転トーループを鮮やかに決めると、両脚を180度開いて上体を反らせて滑る「クリムキンイーグル」で観客を沸かせた。

 北京五輪銀メダルの鍵山優真は今季のSPを演じ「今後もいろんなことに挑戦したい」と語った。

PR

フィギュアスケート アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング