聖地国立競技場でサッカー代表戦

共同通信

 東京都新宿区の国立競技場で、改築後初めてのサッカー日本代表戦が6日に行われ、ブラジル代表に0―1で惜敗した熱戦を6万3638人の大観衆が見守った。数々の名勝負が生まれた旧競技場は日本サッカーの「聖地」と呼ばれ、東京五輪・パラリンピックで生まれ変わった国立に、約8年ぶりに日の丸を付けたイレブンが戻ってきた。

 世界トップの強豪との顔合わせで、平日にもかかわらず入場券は完売。雨天でも試合前から周辺は混雑し、余ったチケットを求めるファンの姿が見られた。

PR

日本代表 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング