米男子ゴルフ、小平は途中棄権

共同通信

 米男子ゴルフのRBCカナダ・オープンは10日、トロント近郊のセントジョージズ・クラブ(パー70)で第2ラウンドが行われ、小平智は途中棄権した。

 70で回ったウィンダム・クラーク(米国)が通算7アンダーで単独首位をキープ。1打差の2位にはロリー・マキロイ、マシュー・フィッツパトリック(ともに英国)ら5人が続いた。(共同)

PR

ゴルフ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング