上武大、亜大が決勝進出

共同通信

 全日本大学野球選手権第5日は11日、神宮球場で準決勝2試合が行われ、上武大(関甲新)と亜大(東都)が12日の決勝に勝ち進んだ。両校とも2013年大会以来の決勝進出。上武大は同年以来となる2度目の優勝を目指し、亜大は20年ぶり5度目の頂点を狙う。

 上武大は仏教大(京滋)を5―0で下した。島村が0―0の七回にソロ本塁打、八回には走者一掃の三塁打を放った。亜大は東日本国際大(南東北)に3―1で競り勝った。藤江が先制本塁打と二つの犠飛で3打点。四回からは救援陣が得点を与えなかった。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング