大相撲、川副が宮城野部屋入りへ

共同通信

 相撲の昨年の学生横綱で、大相撲の幕下15枚目格付け出し資格を持つ日大出身の川副圭太(23)が宮城野部屋に入る方向であることが12日、複数の関係者の話で分かった。周囲に報告済みで、部屋付きで指導する間垣親方(元横綱白鵬)の内弟子となる。初土俵は秋場所(9月11日初日・両国国技館)となる見込み。

 熊本・文徳高時代に国体少年個人を制した。165センチ、115キロの小兵で前さばきのうまさと土俵際の粘りが持ち味。個人で優勝した昨年11月の全国学生選手権後は故障の回復を優先していた。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング