宇野、大技4回転に苦戦中

共同通信

 フィギュアスケート男子で3月の世界選手権を制した宇野昌磨(トヨタ自動車)が29日、東京都内でのトークショー後に取材に応じ、来季に向けて習得を目指す高難度の4回転ルッツに苦戦していると明らかにした。「僕の引退が先か、ルッツがましになるのが先か、どっこいどっこい」と笑い交じりに話した。

 24歳の北京冬季五輪銅メダリストは負傷のリスクに細心の注意を払っており「どんどんベテランの域に近づいていく。現役を長く続けるためにも先輩方を見習い、自分に合った練習の仕方を身に付けたい」と語った。

PR

フィギュアスケート アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング