全国の大学から参加可能に

共同通信

 関東学生陸上競技連盟は30日、第100回東京箱根間往復大学駅伝(2024年1月2日、3日)の予選会に、全国の大学が参加可能となったと発表した。参加資格をこれまでの「関東学生陸上競技連盟男子登録者」から「日本学生陸上競技連合男子登録者」に変更。第101回大会以降の開催方法は検討するとしている。

 予選会は通常、大会前年の秋に東京都内で実施。各校上位10人の合計タイムによる選考方法は変わらないが、予選会で敗退した大学の選手で構成し、本大会にオープン参加する関東学生連合は編成されないことになった。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング