かど番の正代「守りに入らない」

共同通信

 大相撲名古屋場所(10日初日・ドルフィンズアリーナ)を4度目のかど番で迎える大関正代が4日、愛知県犬山市の時津風部屋での稽古を公開し、幕内豊山や幕下以下の力士と9番取って8勝1敗だった。正念場の場所へ「守りに入らないように。一番一番、悔いを残さないようにしたい」と覚悟を語った。

 先場所は序盤戦から黒星が先行し、5勝10敗の不振に終わった。立ち合いの馬力を取り戻すため、稽古場では前に出ることを徹底している。「後半戦まで持ち込まないようにしたい。なるべく元気なうちに勝ち越しを決められればいい」と正直な心境を明かした。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング