甲子園めざし134校が熱戦 高校野球福岡大会始まる

全国高校野球選手権福岡大会の開会式で入場行進する球児たち=5日午前10時半ごろ、北九州市小倉北区の北九州市民球場 拡大

全国高校野球選手権福岡大会の開会式で入場行進する球児たち=5日午前10時半ごろ、北九州市小倉北区の北九州市民球場

 第96回全国高校野球選手権(8月9日から甲子園)の福岡大会が5日開幕し、北九州市小倉北区の北九州市民球場で開会式があった。部員不足で出場を辞退した行橋を除く北部64校、南部70校の計134校が甲子園への切符を懸けて熱戦を繰り広げる。

 梅雨の合間の青空の下、選手約2600人が入場行進。選手を代表して修猷館の塩手恵太主将(3年)が「日々の練習の成果と最高のありがとうを白球に込めたい。一投一打がきらきら輝く夏の歴史に刻まれるよう全力でプレーすることを誓います」と宣誓した。

 開幕戦は同球場で正午から、北部の高稜と慶成が対戦する。出場辞退した行橋と2回戦で対戦する予定だった八幡は不戦勝で3回戦に進出した。順調に進めば28日に県代表が決まる。

=2014/07/05 西日本新聞=

PR

PR

注目のテーマ