柔道、山部V2へ「気持ち強く」 朝比奈は「世代交代」宣言

 記者会見でポーズをとる柔道女子の(左から)山部佳苗、田知本愛、朝比奈沙羅=15日、横浜文化体育館
記者会見でポーズをとる柔道女子の(左から)山部佳苗、田知本愛、朝比奈沙羅=15日、横浜文化体育館
写真を見る

 体重無差別で争われ、世界選手権(8~9月・ブダペスト)78キロ超級代表最終選考会を兼ねた柔道の全日本女子選手権(16日)に出場する有力選手が15日、会場の横浜文化体育館で記者会見し、リオ五輪銅メダルの山部佳苗(ミキハウス)や20歳の大器、朝比奈沙羅(東海大)、一昨年覇者の田知本愛(ALSOK)が意気込みを語った。

 2年連続4度目の優勝を狙う26歳の山部は1日の全日本選抜体重別選手権で準決勝敗退。「気持ちが守りに入った」と消極性を反省した。五輪後は国内外の3大会に出場し、優勝はまだない。

 初優勝を目指す朝比奈は先輩選手に向かって堂々と「世代交代」を宣言。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]