2025年まで「味の素NTC」 トレセンの命名権契約を更新

 記者会見する(左から)バドミントンの松友美佐紀と高橋礼華両選手、(2人おいて)NTCの山下泰裕センター長、競泳の瀬戸大也選手=8日午前、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター
記者会見する(左から)バドミントンの松友美佐紀と高橋礼華両選手、(2人おいて)NTCの山下泰裕センター長、競泳の瀬戸大也選手=8日午前、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター
写真を見る

 日本スポーツ振興センター(JSC)と味の素は8日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)と、隣接する味の素フィールド西が丘の命名権(ネーミングライツ)契約を、2025年3月末まで更新したと発表した。契約金額は6億円。

 NTCは各競技の練習場やトレーニング設備、宿泊施設を備えたトップアスリートの強化拠点。味の素は09年にNTC、12年に西が丘の命名権を取得した。

 NTCの山下泰裕センター長は「20年東京五輪・パラリンピックに向け、NTCの果たす役割はますます大きくなる。引き続きご支援いただけるのは大変心強い」と述べた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]