柔道世界選手権の男女代表が会見 阿部一二三「2連覇狙いたい」

 記者会見を終え、肩を組む阿部一二三(左)と妹の詩=2日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター
記者会見を終え、肩を組む阿部一二三(左)と妹の詩=2日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター
写真を見る

 柔道の世界選手権(9月・バクー)に出場する男女日本代表が2日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで記者会見し、男子66キロ級で昨年王者の20歳、阿部一二三(日体大)は「2度目の世界選手権。成長した姿を見せ、2連覇を狙いたい」と力強く必勝を期した。

 男女計14階級18人で昨年優勝した男子4人、女子3人全員が代表入り。男子60キロ級の高藤直寿(パーク24)が「研究されても、その上をいく」と自信を示し、女子70キロ級の新井千鶴(三井住友海上)も「自分の柔道を出し切れば、しっかり勝てる」と言い切った。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]