柔道、17歳の阿部詩が優勝 近藤亜美もV、グランプリ大会

 柔道のグランプリ大会は25日、中国のフフホトで行われ、女子は52キロ級で世界選手権(9月・バクー)代表の17歳、阿部詩(兵庫・夙川学院高)が決勝までの4試合を全て一本勝ちで制した。48キロ級の近藤亜美も優勝。57キロ級の玉置桃(ともに三井住友海上)は3位だった。

 男子は66キロ級で丸山城志郎(ミキハウス)が優勝。60キロ級の大島優磨(旭化成)は2回戦で敗退した。(共同) 

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]