柔道、内柴氏がキルギスで指導へ 五輪2連覇、8月から

 内柴正人氏
内柴正人氏
写真を見る

 柔道男子66キロ級で2004年アテネ、08年北京と五輪2連覇した内柴正人氏(40)が中央アジアのキルギスで男子代表チームを指導することが30日、関係者の話で分かった。20年東京五輪から24年パリ五輪に向けての選手育成が期待されているという。

 関係者によると、内柴氏が所属する神奈川県の柔術道場の代表を通じてオファーを受け、8月からの契約を結んだ。キルギスは00年シドニー五輪男子60キロ級で銅メダルを獲得したが、近年は男女とも五輪、世界選手権で表彰台に立った選手はいない。

 内柴氏は女子柔道部員に対する準強姦罪で14年に懲役5年の実刑判決が確定し、服役。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]