柔道・阿部一二三「連覇目指す」 世界選手権に向け壮行式

 壮行式で抱負を述べる男子66キロ級の阿部一二三=7日午後、東京都文京区の講道館
壮行式で抱負を述べる男子66キロ級の阿部一二三=7日午後、東京都文京区の講道館
写真を見る

 全日本柔道連盟(全柔連)は7日、東京都文京区の講道館で世界選手権(9月20~27日・バクー)日本代表の壮行式を開き、男子66キロ級で20歳の阿部一二三(日体大)は「自分の柔道を出し切り、2連覇を目指して頑張る」と意気込んだ。

 2年連続3度目の優勝を狙う男子60キロ級の高藤直寿(パーク24)は「いつも通りの自分を出して2連覇してくる」と宣言。男子の井上康生監督は「全身全霊を懸け、日本代表の誇りと自覚を持って試合をしたい」と力強く抱負を述べた。

 女子52キロ級で初出場の18歳、阿部詩(兵庫・夙川学院高)は兄の一二三とのきょうだい金メダルに意欲を示した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]