日本選手団がアジア大会結団式 東京五輪に「バトン届ける」

 ジャカルタ・アジア大会の日本選手団結団式で、決意表明する主将で陸上男子の山県亮太選手。奥は旗手でソフトボール女子の上野由岐子選手=13日午後、東京都内のホテル
ジャカルタ・アジア大会の日本選手団結団式で、決意表明する主将で陸上男子の山県亮太選手。奥は旗手でソフトボール女子の上野由岐子選手=13日午後、東京都内のホテル
写真を見る

 18日にジャカルタで開幕する第18回アジア競技大会の日本選手団の結団式が13日、秋篠宮ご夫妻をお迎えして東京都内で行われた。主将で陸上男子短距離の山県亮太選手(26)=セイコー=が「2年後には東京五輪が控える。アジア大会から未来につながるバトンを東京に届けられるよう、一人一人が全力で戦い抜くことを誓います」と決意表明した。

 式典には競泳女子の池江璃花子選手(18)=ルネサンス=ら選手、役員合わせて約650人が出席した。旗手を務めるソフトボール女子の上野由岐子選手(36)=ビックカメラ高崎=が、山下泰裕団長から団旗を受け取った。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]