金鷲旗 平成21年ニュース

世田谷学園 8強で敗退 私塾最後の塾生

2009年07月25日 10:41
準々決勝で敗退した世田谷学園の持田監督(手前左から2人目)。右後方はOBでアテネ五輪銀メダリストの泉浩
準々決勝で敗退した世田谷学園の持田監督(手前左から2人目)。右後方はOBでアテネ五輪銀メダリストの泉浩
 選手たち、持田治也監督のほおを涙がつたった。史上最多の14度の優勝を誇る世田谷学園(東京)は東海大相模(神奈川)に屈してベスト8。高校柔道界に輝かしい足跡をしるした世田谷学園に一つの節目が訪れた。

 同校には五輪金メダリストの古賀稔彦や吉田秀彦らを輩出した“中高一貫”の柔道私塾、講道学舎の塾生が弦巻中から進学していたが、昨春から日本学園中・高(東京)に進むようになり、今回の3年生が最後の塾生だった。

 持田監督は世田谷学園の教諭を続け、理事長を務める講道学舎で塾生を指導する。「金鷲旗に鍛えてもらった世田谷学園柔道部は存続するが、これまでとは違った形になる」。持田監督は目頭を押さえた。

=2009/07/25付 西日本新聞朝刊=

その他の金鷲旗 平成21年ニュース

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]