平成30年度大会実施要項

 『平成30年度金鷲旗高校柔道大会』 を今年 (通算第92回大会) は下記要項のとおり実施いたします。
ご参加のほどよろしくお願いいたします。

1.名称
平成30年度金鷲旗高校柔道大会
2.期日
  • 7月21日(土)午後5時 男女合同開会式
  •       22日(日)午前8時 女子試合(1~4回戦)
    男子試合(1、2回戦)
  •       23日(月)午前8時 男子試合(2回戦)
    女子試合(5回戦~決勝)・閉会式
    男子試合(3回戦)
  •       24日(火)午前8時 男子試合(4回戦~決勝)・閉会式
  • (参加校数により、タイムテーブル変更あり)
  • <タイムスケジュール>
  • 7月21日(土)
  • 17:00~17:30  男女合同開会式
  • 7月22日(日)
  •     8:00~  9:20  女子1回戦
  •     9:00~11:55  女子2回戦
  •   11:30~13:10  女子3回戦
  •   12:45~13:45  女子4回戦
  •   13:15~15:55  男子1回戦
  •   15:35~18:05  男子2回戦
  • 7月23日(月)
  •     8:00~10:55  男子2回戦
  •   11:00~11:35  女子5回戦
  •   11:40~12:15  女子準々決勝
  •   12:25~13:00  女子準決勝
  •   13:10~13:50  女子決勝
  •   14:05~14:25  女子閉会式
  •   14:35~17:30  男子3回戦
  • 7月24日(火)
  •      8:00~  9:40  男子4回戦
  •      9:15~10:15  男子5回戦
  •    10:20~10:55  男子6回戦
  •    11:05~11:45  男子準々決勝
  •    11:55~12:35  男子準決勝
  •    12:45~13:25  男子決勝
  •    13:40~14:00  閉会式

※タイムスケジュールは参考程度にしてください。 勝ち抜き戦のため大幅に時間が変更されることがあります。
3.会場
マリンメッセ福岡(福岡市博多区沖浜町)
入場料
6月1日よりチケット販売開始
当日券(1200円)
前売り券(1000円)
ローソンチケット  Lコード 84029
チケットぴあ    Pコード 675-279
※高校生以下は無料。
※大会期間中1枚につき1名様、1日限り有効。
※7月21日(土)17時からの男女合同開会式は無料。
4.主催
九州柔道協会、 西日本新聞社 
 主管
福岡県柔道協会
 後援
スポーツ庁、(公財)全日本柔道連盟、九州各県、同各県教育委員会、福岡市、同市教育委員会、福岡県高等学校体育連盟、テレビ西日本
5.参加資格
  1. 全日本柔道連盟会員として登録している者に限る。
  2. 全国高等学校総合体育大会開催基準要項により参加を認められた学校。
  3. 年齢は平成11年(1999)年4月2日以降に生まれたものとする。但し、出場は同一競技3回までとし、同一学年での出場は1回限りとする。
  4. 生徒は学校長の責任において出場させ、健康上その他の支障あるものは参加させないこと。
  5. 外国人留学生の参加制限はもうけない。
  6. 国外の参加校は各国・地域の柔道連盟から推薦された高校に限る。
6.競技規定
国際柔道連盟試合審判規定(新ルール)による。
なお、 本大会の審判申し合わせ事項の細部は審判・監督会議で明示する。
  1. 試合方法はトーナメント方式による対抗勝ち抜き試合。
  2. 試合時間は4分。但し、男子は5回戦まで3分、女子は4回戦まで3分とする。
  3. 本大会における勝負判定の基準は「技あり」、又は「僅差」以上とする。ただし、「技あり」以上の技評価を得た選手が勝ちとする。「僅差」は指導差が2以上とする。
  4. 「技の内容」と「指導」の重み
    一本勝ち=反則勝ち > 技あり > 僅差の順とする。

    ・両者指導3なら、両者反則負け。ただし、大将同士両者反則負けの場合、延長戦を1回に限り行い、必ず勝敗を決する。

    ・大将同士引き分けとなった場合は延長1回とし、必ず判定をつける。

  5. 選手の配列について、段級の順位は自由とする。
  6. チームのオーダーについて
    オーダーの変更は認めない。
    補欠はどちらを先に出しても差しつかえない。選手交代の場合、退いた選手のところに補欠が入る。一度退いた選手は再出場することを認めない。2人の補欠が出場した後、事故などがあった場合は、欠員のままで試合を行う。
  7. 試合開始時に遅れたチームは高校名をコールし、1分以内に整列できない場合は不戦敗とする。
7.参加方法
各都道府県各校とも自由参加とする。海外参加校は各国・地域柔道連盟の推薦を必要とする。
8.参加料
1校1チームにつき25,000円(税込)
9.チーム編成
1校1チーム〔監督1人、正選手5人、(補欠2人以内)〕。
但し、定時制チームは別にこれを認める。
全日制、定時制及び通信制を交じえて編成しないこと(チームのオーダーは競技規定による)。
10.試合方法
トーナメント方式による対抗勝ち抜き試合。
11.組み合わせ
主催、主管、後援各代表者出席のもとに厳正抽選する。
7月初旬に大会HPに掲載、参加校に発送する。
12.表彰
1、団体
第1位 賞状、 優勝旗(持ち回り)、九州柔道協会長杯、金牌、文部科学大臣杯(持ち回り)、文部科学大臣賞状
第2位 賞状、 盾、銀牌
第3位 (2校)賞状、盾、銅牌
優秀校賞 (4校)賞状=上記の3位までの学校を除く(ベスト8から)
2、個人
敢闘賞 5人、10人、15人、20人抜きの場合 賞状、盾
優秀選手賞 10人に賞状、盾(TNC賞)、記念品
13.審判
審判は主催者および主管団体から委嘱された者がこれに当たる。監督との兼任はできない。審判員の服装は全柔連指定の服装を着用(半袖、エンブレム、ネクタイ)。
14.審判・監督会議
審判・監督会議=7月21日(土) 場所は会場3階のサブアリーナ
審判会議=午後3時、 監督会議=午後3時30分
【問い合わせ先】
西日本新聞社企画事業室事業部「金鷲旗高校柔道大会」事務局
電話092-711-5530
※問い合わせ時間 平日9:30より17:30まで