優香“ファンの声援を背に”児玉 九州王国再興へ

会見で報道陣にコメントする小林優香
会見で報道陣にコメントする小林優香
写真を見る
ファン投票1位の児玉碧衣
ファン投票1位の児玉碧衣
写真を見る
写真を見る

 オールスター3日目2予5Rでは山田英明が捲りで1着。番手の園田匠は南のブロックに沈んだが、3番手の合志正臣は内を突いて2着で準決へ進んだ。合志は「山田君を抜こうと思ったが、ホント強くなっていますね。全然抜けなかった」。最後のG1決勝は、5年前の宮杯。「このバンクは追い込み選手にもチャンスがあるので頑張ります」と語気を強めた。

 同7Rでは、坂本亮馬が連勝で勝ち上がった。3連単7万円台の配当に「最近のボクの競輪を見てくれていたお客さんは当たったかも。4連勝!」と、前節から続く勝利数を口にして絶好調をアピールした。

 山田と坂本は準決10Rで連係。合志は同12Rで、シャイニングスター賞5着の中川誠一郎をマークする。

 4日目9Rはガールズドリームレース。ガールズケイリン総選挙でファン投票1位に輝いた児玉碧衣は「メールで1位の連絡が来たときは、間違いだと思いました。緊張しますね」と、やや表情が硬かった。伊東のガールズケイリンフェスティバル決勝では外枠の7番車が響いて7着。今回はファン投票の順で枠番が決まるため、最内枠で発走する。「今回はどうしても優勝したい。優勝しかない。ここでビッグレースをとって、ファンに恩返ししたい」。感謝の思いを胸に、激走を誓った。

 小林優香も「半年間走っていなかった私が2位なんて…」と、ファンの応援票に感激。「東京五輪を目指しているので、ここは通過点」。小林にとっては世界が相手。“日本では負けられない”とばかりに、女王の風格を漂わせていた。

=2017/08/14付 西日本スポーツ=

ボートレース 直前チェック予想

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]