西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

初日メインは新田祐が勝利 寛仁親王牌 【前橋】

 前橋競輪(前橋市)のG1第26回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント(優勝賞金2890万円)が6日、開幕した。自転車競技で好成績を収めた選手が優先出場しているため、新鋭の自力型がスピードあふれる走りを存分に披露。1予からは野原雅也、古性優作、太田竜馬がきっちりと人気に応えて2予へ勝ち進んだ。特選10Rは三谷竜生が鐘3半捲り、同11Rは脇本雄太が先行逃げ切りで1着ゴール。混戦レースになった12R「日本競輪選手会理事長杯」は、新田祐大が深谷知広の番手から抜け出した。2日目は準決進出を懸けた熱戦に期待。メインの最終12R優秀「ローズカップ」は、単騎捲りの新田を本命に推す。

=2017/10/07付 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]