MVP 新田祐大「大変光栄です」 石井寛子「びっくりです」 2017競輪優秀選手表彰式

MVPを受賞した石井寛子(左)と新田祐大
MVPを受賞した石井寛子(左)と新田祐大
写真を見る
競輪表彰式で壇上に並ぶ、左上から脇本雄太、奥井迪、児玉碧衣、平原康多、太田竜馬、三谷竜生、前列左から石井寛子、新田祐大=東京中日スポーツ提供
競輪表彰式で壇上に並ぶ、左上から脇本雄太、奥井迪、児玉碧衣、平原康多、太田竜馬、三谷竜生、前列左から石井寛子、新田祐大=東京中日スポーツ提供
写真を見る

 競輪の2017年の「優秀選手表彰式」が15日、都内のホテルでファン、関係者ら約600人を集めて盛大に行われた。

 各部門の受賞者には記念メダルが授与され、2度目の最優秀選手賞を受賞した新田祐大(32)=福島・90期=には、笹部俊雄JKA会長から濃紺のチャンピオンブレザーが贈られた。また、ガールズケイリンからはガールズグランプリを制した石井寛子(32)=東京・104期=が2回目のMVPに輝いた。

 高松宮記念杯、競輪祭でG12冠を達成した新田は「最優秀選手賞を受賞し、大変光栄です。今年も競輪の発展と、東京五輪に向けて努力と精進を重ねてまいります」と喜びを語った。ガールズの頂点に立った石井は「毎年、目標にしていますが、成績的には低かったので選ばれてびっくりしました。壇上に立つのはレースより緊張しました」と話した。

 なお、渡辺一成と鈴木奈央は自転車競技のアジア選手権出場のため、浅井康太は治療のため欠席した。

◆2017年の表彰選手

 【MVP】新田祐大【優秀選手賞】浅井康太、渡辺一成、平原康多【優秀新人選手賞】太田竜馬【特別敢闘選手賞】三谷竜生【ガールズMVP】石井寛子【ガールズ優秀選手賞】児玉碧衣、奥井迪【国際賞】脇本雄太、鈴木奈央

■国際賞 脇本雄太 当面は競技優先

 17~18年トラック競技W杯第4戦の「男子ケイリン」で金メダルを獲得するなど、東京五輪に向けて着実に力をつけている脇本雄太(28)=福井=が、国際賞を受賞した。「W杯で勝てたことは、すごく自信になりました。練習は厳しいですが充実しています」。本職の競輪でも活躍を望まれるが、当面は競技優先のスケジュールになりそう。28日から3月4日まで行われる世界選手権(オランダ)に向けて「最低でも決勝に残って、何が何でもメダルを持ち帰りたい」とアピールした。

 2018/02/16付 西日本スポーツ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]