国際規格の「屋内で1周250メートルの木製路面」 千葉市が新競輪場案を公表

国際規格に合うよう走路を造り替える千葉競輪場のリニューアル後の外部イメージ図(日本写真判定提供)
国際規格に合うよう走路を造り替える千葉競輪場のリニューアル後の外部イメージ図(日本写真判定提供)
写真を見る
内部イメージ図(日本写真判定提供)
内部イメージ図(日本写真判定提供)
写真を見る

 千葉市は16日、国際規格に合うよう走路を造り替え、2020年度以降のレース開催を目指している千葉競輪場の新施設のイメージ図を公表した。運営は13年度から委託している「日本写真判定」(東京都)が担う。

 市によると、同社は音楽イベントや小型無人機ドローンのレース、コンピューターゲームの技を競う「eスポーツ」の大会などにも活用することを市に提案。70億円を見込む整備費用の全額を負担するという。

 新施設は地上3階、地下1階建てで、客席は3千席。イメージ図には、白いドーム屋根の競技場を背景に、周辺の広場でくつろぐ市民の姿が描かれている。市は一時、競輪事業廃止の考えを示していたが、方針を変更。五輪や世界選手権で標準的な「屋内で1周250メートルの木製路面」の新走路を造ることにした。熊谷俊人市長は記者会見で「千葉だけでなく、日本全体の自転車スポーツの人気を高めたい」と意義を語った。

 2018/02/17付 西日本スポーツ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]