亮馬褒められて伸びる! 九州王国再興へ

地元記念も控え、練習を重ねてきた坂本亮馬
地元記念も控え、練習を重ねてきた坂本亮馬
写真を見る
写真を見る

 今回も九州勢は8人と少数精鋭。しかも特選スタートは不在で、初日から全員が勝負駆けになる。

 坂本亮馬には、今開催の直後、地元の久留米記念が控えている。今年上半期のピークともいえる日程だけに、普段以上にトレーニングを積んだ。「いつも通り室内が中心ですが、久しぶりに久留米バンクに入って練習した」。バンクでは、居合わせたA級3班のベテラン勢と同走。「先輩たちを引っ張って走りましたが、本気を出すとちぎってしまって『やっぱりG1に出る選手は違うな』とか褒められました。気分良く練習できましたね」。先月のダービーでは連勝で準決進出。春先の調子とは見違えていた。今回はさらに上積みがありそうだ。初日2Rで中川誠一郎と連係。ダービー準決では前を任されたが、ここは中川の後位でスピードをもらいながら勝ち上がりを目指す。

 大塚健一郎にも、復調気配が漂う。4月までは「落車が続いて体調が上向かなかった」。それがダービーで今年初勝利を挙げて、「なかなか勝てずに気になっていたし、この1勝で気持ちに余裕もできた」とほほ笑みもこぼれた。「まだまだですが、徐々に上がってきています」。前を任せるのは、前節外国人勢を相手に準Vと健闘した北津留翼なだけに、期待は膨らむ。

 中川誠 直前は雨が多かったが、それでもしっかり練習できた。自力で勝てているが、たまたまですよ。

 松岡貴 全プロが終わって間隔が空いたので、いろいろと考える時間があった。自分の状態は普通だが、周囲が強いですね。

 園田匠 名古屋で落車して調子を崩したが、前回の函館は悪いながらしのげた。その後、体のケアもできたし、前回よりはいい。

 山田英 前回は腰痛で欠場したが、おかげで休養できて、練習もできた。昨年は決勝で3着。今年も勝ち上がって、優勝を狙う。

 井上昌 いつも通りやって、可もなく不可もなく。昨年は優出できたので、そのイメージで走る。

=2018/06/14付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]