1次予1着も青龍、白虎賞に進出 高松宮記念杯 【岸和田】

 岸和田競輪(大阪府岸和田市)のG1「第69回高松宮記念杯」(優勝賞金2890万円)が14日、開幕する。前回大会から復活した決勝までは東西別々に戦う形は踏襲しているが、その概定は大きく変更された。青龍賞(東日本)白虎賞(西日本)は2日目に組まれ、初日特選の4着以内だけでなく1次予選からも1着で勝ち上がることができ、出走全員が準決へ進める。また昨年は準決が東王座と西王座の計2個Rだったが、今年は東西それぞれ2個R、計4個Rが組まれている。4日間の売上目標額は95億円。初日特選は、東日本の11Rが平原康多、西日本の12Rが三谷竜生を本命視した。

=2018/06/14付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]