荒井14度目G3制覇 アーバンナイトカーニバル 【川崎】

優勝し賞金ボードを掲げる荒井崇博
優勝し賞金ボードを掲げる荒井崇博
写真を見る

 競輪のアーバンナイトカーニバル(G3)最終日は12日、川崎市の川崎競輪場で決勝(2025メートル、5周)が行われ、荒井崇博(佐賀)が2分55秒2(上がり11秒5)で勝ち、一昨年10月の千葉記念以来、14度目のG3優勝を果たした。

 レースは残り1周半を切って池田勇人(埼玉)が逃げたが、九州勢を引っ張った佐藤幸治(長崎)がまくって残り半周で先頭に立ち、最後の直線で荒井が2番手から抜け出した。2着は岡光良(埼玉)、3着には粘った佐藤が入った。

 荒井崇博「優勝できて良かった。今、九州はだいぶ良くなってきている。次のオールスターも、九州のみんなで盛り上げていきたい」

=2018/08/13付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]