大塚ギリギリ生き残った! 九州王国再興へ

1予を4着で突破した大塚健一郎。後方は、園田匠(左)と北津留翼
1予を4着で突破した大塚健一郎。後方は、園田匠(左)と北津留翼
写真を見る

 地元大分からただ一人出場の大塚健一郎が、4着でギリギリ生き残った。8R、逃げた竹内雄作は終3角で山中秀将に捲られ、竹内マークの大塚はピンチに。竹内は3半で内に退避し、「後ろに桑原さんもいるし、自分でタテに踏まないといけなかった。きつかった」。力を振り絞り、2予への勝ち上がりを手にした。地元ファンの期待を一身に背負い、自らも“一生に一度の地元G1”と覚悟して臨んでいるだけに、「緊張感がヤバい」と重圧は想像以上。2日目は準決を目指し、3着以内に突っ込む。

 6Rでは井上昌己が、九州勢の今大会初白星を挙げた。小川真太郎の先行を、やや車間を空けながらマーク。中団から捲り追い込む稲垣裕之を、ライン3番手の荒井崇博とともに封じた。小川は6着敗退で「小川君を残せる技術があれば…」と悔しがったが「自分の仕上がりは悪くない」と、期待の持てるコメント。3着の荒井も「(井上)昌己も俺も余裕があったので、考え過ぎた」。練習仲間でもある2人が、九州のG1を2日目も盛り上げる。

 初日特選11Rでは、中川誠一郎が2着で準決切符を得た。清水裕友の番手から直線抜け出したが、直後にいた三谷竜生に抜かれた。「さすがグランプリ王者」と強さを実感。しかし、「今回は九州のG1なのに、気持ちはあまりピリっとしていない。逆に落ち着いて普段通りやれている」と、風変わりな手応えを得ている。スタールビー賞は佐藤慎太郎の前で、近畿4車、中四国3車の牙城に挑む。

 園田匠 前で頑張ってくれた野原君のおかげ。(第3Rを走り)自分は朝が苦手なので、勝ち上がれてホッとしている。

 山崎賢 粘られるとは思わなかった。駆けた感じは悪くない。でも、絶好調のときほどではない。

 山田英 山崎君とは自分の経験も含めて話しながら、連係を深めていきたい。

=2019/02/09付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]