村上G3 8度目V 奈良競輪

奈良競輪のマスコットキャラクター飛天ちゃんに祝福される村上博幸=デイリースポーツ社提供
奈良競輪のマスコットキャラクター飛天ちゃんに祝福される村上博幸=デイリースポーツ社提供
写真を見る

 奈良競輪のG3開設68周年記念「春日賞争覇戦」は最終日の19日、12Rで決勝戦が争われ、村上博幸(39)=京都・86期・SS=が先行した新山響平の番手を奪い、直線でかわして1着。1月の松阪記念以来、通算8回目のG3制覇を成し遂げた。2着に新山が粘り、3着に原田研太朗が入った。なお、6Rのブロックセブンは地元の三谷将太が制した。

■S級S班の意地

 地元地区、そして今開催唯一のS級S班でもある村上が意地を見せた。初日特選に続き、目標不在の競走だったが鮮やかに1着。「前で走って、結果には満足している」と振り返った。

 レースは4車で並ぶ北日本勢が早めに動く。「(作戦は)いろいろ考えていた」と言う村上は、山崎に競り勝ち新山の番手を奪取。「新山君は掛かっていた。3角くらいまで脚がたまらなかったけど、これを逃すと優勝できないし、無我夢中で踏んだ」と粘る新山を直線でかわして優勝を決めた。

 これで早くも今年記念2V。40歳を迎える男はまだまだ進化を続けていく。

=2019/02/20付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]