旅行客増へ武道など活用 スポーツツーリズム戦略

 スポーツ庁
スポーツ庁
写真を見る

 スポーツ庁は27日、武道とアウトドアスポーツを重点的に活用することで国内外の個人旅行客の増加を目指す「スポーツツーリズム需要拡大戦略」を発表した。スポーツのイベントや合宿誘致、観戦などを通じた従来の方策にも力を入れ、地域や関連産業の活性化につなげる狙いもある。

 スポーツ庁の調査によると、柔道、空手、剣道などの武道、相撲は中国などで「見るスポーツ」としての関心が高いという。武道は「するスポーツ」としても海外で愛好家が多く、日本は発祥の地として興味を集めやすい強みがある。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]