西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

<見どころ>延岡学園、期待かかる 金鷲旗・柔道男子

羽田野竜輝(延岡学園3年) 3月の全国高校柔道選手権では過去最高の3位。国東との準々決勝では逆転の2人抜きを果たした
羽田野竜輝(延岡学園3年) 3月の全国高校柔道選手権では過去最高の3位。国東との準々決勝では逆転の2人抜きを果たした
写真を見る

 混戦の様相を見せる今大会。中でも春の全国選手権を制した桐蔭学園(神奈川)や大会3連覇がかかる国士舘(東京)が有力だが、郷土勢も上位に食い込むチャンスは十分ありそうだ。

 桐蔭学園は全国選手権無差別級準優勝の関根聖隆(3年)や体重無差別の関東大会個人戦を制した185センチ、130キロの千野根有我(2年)ら重量級の実力者がそろう。関東大会は8強止まりだったが、優勝した国士舘と代表戦までもつれた末の惜敗。12年ぶり2度目の優勝へ充実している。

 国士舘は同選手権初戦で敗れた悔しさをばねにし、力をつけてきた。さらに柔道五輪金メダリストの故斉藤仁氏の次男で189センチ、155キロの立(たつる)(1年)が今春入学。4月の全日本カデ選手権90キロ超級で優勝し、関東大会でも桐蔭学園戦での代表戦に勝利するなどルーキー離れした器がある。ほかにも全国選手権準優勝の大成(愛知)や3位の崇徳(広島)、同選手権で国士舘に勝利した東海大仰星(大阪)なども有力だ。

 郷土勢では同選手権3位の延岡学園(宮崎)に期待がかかる。重量級が並ぶ戦力を束ねるのは、全九州大会100キロ超級王者の羽田野竜輝(3年)。得意の内股に磨きをかけてきた。前回3位で全九州大会優勝の大牟田(福岡)は絶対的なエースこそ不在だが、バランスが取れた好チームだ。

 大牟田と同じHパートに入った国東(大分)も、九州ジュニア100キロ超級覇者の中島大貴(3年)を中心に攻撃柔道で上位を狙える力がある。スケールの大きな柔道で九州ジュニア100キロ級を制した山口貴也(同)を擁する長崎日大にも注目だ。

=2017/07/13付 西日本新聞朝刊(別刷り特集)=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]