西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

金鷲旗高校柔道が開幕 490チーム頂点目指す

金鷲旗高校柔道大会で選手宣誓する国士舘・長島光希主将(手前中央)=21日午後、福岡市博多区のマリンメッセ福岡
金鷲旗高校柔道大会で選手宣誓する国士舘・長島光希主将(手前中央)=21日午後、福岡市博多区のマリンメッセ福岡
写真を見る

 抜き勝負の団体戦で「高校日本一」を争う西日本新聞創刊140周年記念平成29(2017)年度金鷲旗高校柔道大会が21日、福岡市博多区のマリンメッセ福岡で開幕した。海外勢5チームを含む男子322、女子168の計490チームが参加。22日から男女の試合が始まり、女子は23日に決勝、男子は24日まで熱戦を繰り広げる。

 男子は、3連覇を狙う国士舘(東京)や春の全国選手権を制した桐蔭学園(神奈川)が有力。九州勢では大牟田(福岡)や延岡学園(宮崎)などが注目される。女子は、春の全国選手権覇者の夙川学院(兵庫)、3連覇を狙う敬愛(福岡)、南筑(同)、大成(愛知)の4強を中心に激戦が予想される。

 21日夕の開会式では大会会長の藤田弘明九州柔道協会会長と、名誉会長の柴田建哉西日本新聞社社長があいさつ。国士舘の長島光希主将(3年)が「正々堂々と闘うことを誓います」と選手宣誓した。

=2017/07/22付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]